キャットアイ

SR600奥入瀬 

仕事で青森行きが決まった時点で、やはりSR600奥入瀬は走らねば!という気持ちにスイッチが入っていた。 去年秋に本当は走りたかったのだが、今の自分のライドスタイルだと初日に走れるところまで走って(16~18時間)そこで寝る、で行くと、八幡平のクマ出没…

初チャレンジ、SR600上毛三山 景色と登り、それは飴とムチ

本当に油断していたら・・・まるでソフトクリームを食べながらついついSNSの書き込みをしていたら、コーンのお尻の部分からソフトがタラタラとこぼれ出て、気が付いたら手首から肘までこぼれていて周りの人が気付いていて冷ややかに見守っている、みたいな(…

ナイトラン練習会

ロングライドを走る際、特に長い距離などでは避けて通れないのがナイトラン。今までの経験で何かアドバイスできればと思い始まった練習会です。 なるべく真っ暗なルートでライトの明るさやライトの位置を確認してもらい走り方も日中とは違う。そんなセクショ…

SR600京都 39時間切りでゴール

SR600京都4回目チャレンジ。これは過去3回で得た情報を活かし、自己タイム更新を狙ってのチャレンジ。 今回も朝8時スタート。多分2日に分けて走るなら、この時間がベストか。もしくは朝10時ぐらいにして、仮眠時間を減らしてトータルタイムを短くするか。も…

SR600京都 3回目のチャレンジ 日が長いのは難易度は1ランク下がる

SR600京都3回目チャレンジしてきました。1回目と2回目を走ってみて、3回目に向けてのキーワード●城崎温泉駅から宮津までの補給は難しい*食料購入はできるが、ごみ箱不設置など●どう頑張ってもエンゼルライン開門の7時*実際は係員の到着確認後で、6時半以降…

SR600京都 2回目のチャレンジ

5月18日19日、2回目となるSR600京都チャレンジしてきました。 TwitterなどSNSでは激励いただき、感謝感謝です。 梅雨の中休み的な天気予報でしたが、ふたを開けてみれば 雨☂ まぁオレの場合SR600のチャレンジは80%以上の確率で雨なので、またかよぉ!と怒り…

SR600京都 1回目のチャレンジ② 高浜~京都

SR600の魅力として感じるのは、プランニング、セルフマネージメント能力だろうか。登山ほどの過酷さはないが、真夜中に民家もない、車も通らない、ケモノだらけでトラブルがあったら命の危険を感じるようなルートを走り抜ける(それを日中に回避する)と言うこ…

SR600京都 1回目のチャレンジ① スタート~高浜

今年最初のSR600は去年のブルべ終了間際に新設されたSR600 KYOTO 京都駅をスタートし丹後半島そして小浜へ。そして南下して再び京都駅でゴールする600kmで、その走行軌跡はなんとなく京都府をぐるっと一周しているようにも見える。 一番高くておにゅう峠の80…

鉄下駄ホイールと共に道との遭遇

昨日は橿原今井町から唐古の道の駅へ寄ってパンを買って帰ってくるライドだったけど、向かい風を差し引いてもスピードが出ない。ブルべを走ったエディメルクス・ストラーダなんだけど雲泥の差。あ、そうか、鉄下駄ホイールに替えていたんだった・・・現役時代、…

11スピード

早いもので、もう1月も最終末。指折り数えるにはちょいと多いが、それでも1ヶ月過ぎちゃった。連日雪だ寒波だ言ってるが、もう1ヶ月もしたら小春日和も日もやってきそうだね。 今年はエディメルクス・ストラーダが、実は非常に言いにくいのだが自分の所持バ…

BRM919中部1000 ② 中盤、茅野まで 

新潟市のPCで朝食。ここまで意外と時間がかかった。夜明け前に着けるかもと思ったがあまかった。途中国道402号線に入ってから夜が明けはじめ、早朝から練習している競輪選手ぽい人らとすれ違う。 PCはセブンイレブン信濃町店。ここで距離は折り返しとはなら…

BRM919中部1000 ①  前半、新潟まで

長いブルベは難しい。 それは間違いではない、長けりゃ長い方が体力も削がれるし、疲労を回復させることが制限される。 そしてバイクも一日ごとにメンテナンスできるなら、特に駆動系をきれいにしてやれるなら巡航スピードは変わる。それらが思うようにいか…