GHISALLO GE-110

紀伊半島再び BRM210近畿600海南 爆風海岸線Reverse太平洋岸自転車道

昨年に続いての紀伊半島ブルベ、「BRM210近畿600海南」にエントリー。 思い返せば紀伊半島を回るブルべは数知れず参加している。 基本的にはルートはややこしくない(はず)、キューシートの行数も少ない。 そして特に春先は温暖で太陽が気持ちいい。シーズン…

2024年オープニングブルべはランドヌ東京さんの ”いってこい牛窓”

2024年のオープニングブルべは、昨年に続いて BRM102東京200いってこい牛窓 randonneurs.tokyo 姫路城前をスタートして岡山県の牛窓へ行って戻ってくる200km。 ルートも国道250号線、通称”七曲り”を通っていくルートで、景色もいいし、比較的気温も高い。折…

コンポーネントをアップグレード

2024年に使用するバイクは、今年PBPで使用したギザロGE-110の限定カラーである白ギザロ。 PBPを終えてからは展示などでオレよりもあちこち移動していたので、結局秋以降は使うことなくシーズン終了。 で、来シーズンはカンパニョーロのハイエンドコンポ、ス…

2回目のSR600上毛三山

まず、なぜSR600上毛三山に出走しようとしたのか。 9日10日と名古屋で仕事だったし、そのままついでに群馬へ行こう! ホントそれだけです。 え?京都から名古屋の仕事で、群馬がついで??? 名古屋まで行ったら群馬まですぐじゃないですか!! そんな距離感…

2023PBP ①日本出発ベルギー到着

今回4回目となるパリ~ブレスト~パリ(以下PBP) 今回も先頭フィニッシュを目指して参加しましたが、今回は中盤に力尽き、57時間25分というタイムでのフィニッシュとなりました。 時間がかかったというだけでなく、今回は本当にフィニッシュまでが果てしなく長…

復活しました山岳グランフォンドin吉野 

そう言えば富山へと行く前、奈良県で山岳グランフォンドin吉野走ってきました。 多分日本で最も厳しいと言えるロングライドイベント。 足ノ郷や五番関の登りは、急勾配と言うだけではなく、大小さまざまな落石、落ちたら取り返しのつかないような崖っぷちの…

富山へ息抜き

SR600四国カルストを走り終え、体調は急降下。少し体を癒すべく7月の連休はぶらりと富山へ行こう、と。自走で富山県高岡市へ夜のうちに走り始め、途中琵琶湖大橋の横にある道の駅で仮眠。福井県境へと向かっていく途中に夜明け。福井に入ってからは暑くて暑…

SR600カルスト、初チャレンジ

BRM623四国600LEGENDを走り終え、少しだけ仮眠をしてから松山へ移動。翌日からSR600カルストにチャレンジ。 SR600はランドヌール10000の資格から除外されてしまったが、個人的にSR600はチャレンジとして面白いし、走れるうちは走りたい。元々SR600は制限時間…

PBPに向けて 愛媛遠征その1 BRM623四国600LEGEND

パリ~ブレスト~パリ(以下PBP)まで2カ月。 PBPに向けて少しコンディションを上げていく。プロで走っていた時は手っ取り早くステージレースを利用すればいい。毎日走ることでコンディショニングしやすい。春からロードレースに出場して高強度を刺激を入れるよ…

今年最初のSR600京都

5月30日、今年最初のSR600を走ってきました。SR600京都、去年までにすでに5回完走しているルートで、京都駅発着と言うのも好都合。自宅から1時間半かからず自走でスタート地点へ行けるし、フィニッシュ後はそのまま事務所へ行って仮眠し、そのまま仕事を開始…

LEL参戦記9 フィニッシュ

起こってしまったことは仕方ないのだが、しかし悔やまれる。なぜ走っている最中に「寝てもいい」と思ったのか。これこそがロングライドの怖いところなのかもしれない。 走り出しても、どうやれば時間を戻せるのか、なんてことを考えながら走っている。 夢だ…

RM429東京1900本州縦断桜前線 

ランドヌ東京さん主催の 2023 RM429東京1900 本州縦断桜前線 とりあえず無事に完走しました。148時間ほど。ホテルにトータル35時間ほど滞在したかな。秋田に至ってはほぼ12時間!初日と最終日は適当にその辺で仮眠(笑)こちらトータル6時間ほど。走っている時…

1900km

明日からのブルべのために下関へ移動。下関を訪れるのは自転車以外では初めて。自転車では引退した後に「さんいん1300」で京都から折り返しで下関へ。あとマトリックス時代に福岡県でのイベントで、下関で車から降ろしてもらい、関門海峡の地下道を通ったぐ…

LEL参戦記8

バーナードキャッスルで仮眠すればよかった、と走り出してすぐに後悔するほど、今回の睡魔の波は大きかった。さすがに頭痛がひどく、途中で走行を中断して地面に足をつく。どうするか。というか走るしか、進むしか答えはないのだが、途中で寒いが少しでも寝…

サイクルモード東京

サイクルモード東京、なんかバタバタと忙しかったです。今回は2日間で4本お仕事。コロナ前は普通にしていたんだけど久しぶり過ぎ?最後疲れ果てました(笑)終わってから帰る途中にラファ東京でコーヒー飲んでリフレッシュ!と思ったら 、お店を出て原宿から渋…

サイクルモード東京の予定

いよいよ週末はサイクルモード東京です。 今回のスケジュールおよびトークショーなどの内容(予定)は下記のとおりです。 4月15日◆14:00-14:30 キャットアイブース(W-306)三船雅彦の「なぜそんなに自転車で走り続けるのか?」MC:ちゃりん娘 宮崎奈緒子 4月16…

2023年のフレッシュは大津から石和温泉369km、木曽高速爆進ルート

今年もフレッシュの季節がやってきました。フレッシュのタイミングは確かヨーロッパのイースターに合わせていたはず。なので毎年開催タイミングは微妙にずれてますね。そう言えばオランダに滞在中だったか、イースターに合わせた映画を観ていて。なんだかむ…

BRM318近畿400 中国大返し 14年連続SR達成

2010年から続いているSR、今年のPBPのエントリーのために、今年初めてとなった400kmブルべにエントリー。BRM318近畿400大山崎~中国大返し~大山崎をスタートして岡山の備中高松城を目指して折り返し高槻にフィニッシュするルート。 コースのプロフィールだ…

LEL参戦記7

前回は荷物がほぼない状態で走り、PCでサポートしてもらっていたので今回は荷物の重さがPCへの遅延、そして消耗度合いに影響している。まぁ当然なのだが。 予定していた通過時間はことごとく遅れている。しかし全体で言うと想定よりもかなり良く、全体で10番…

LEL参戦記 6

モファットはスタートしてから、というかスタートの日の朝のホテル以来、久しぶりにネットに繋がった。今回の渡航ではWi-Fiに繋がる設定にしていないので、無料Wi-Fiに接続できる環境がなければスマホはカメラでしかない。ネットに繋げてみると日本から応…

LEL参戦記 5

前回、朝5時ごろになるとレストランのメニューは朝メニューへと変わり、個人的には朝メニューの方が美味しかった。さすがにお腹は空いているので軽く食べるが、仮眠した後の朝食メニューに期待して・・・仮眠所で寝るほどでもないのでレストランの隅の方で座っ…

LEL参戦記 4 スタート~マルトン(366km)

スタート時間は12時30分。約40人ずつのウェーブスタート。スタートしてからの幹線道路、日曜日と言うこともありやや交通量は多め。5kmほどで10人ほどのグループに。喋っているのを聞いているとほぼイギリスからの参加者か。 プロだった時、95年からの2年間イ…

BRM618近畿600米原無事に完走し、13年連続SRクリア 

ニセコを終えて全日本との間の週、だったので1カ月近く前のことなんですが。久しぶりにブルべでした。BRM618近畿600米原。サブタイトルは 「夜伊那」しかし! みんなは夜伊那、オレたちは明る伊那!序盤頑張りました。上呂から御嶽山北側をぐるっと回って開…

四国一周 2周目 ステージ5 四万十~徳島 国道439号編 ④見ノ越(剣山)~徳島ゴール

いやぁ~マジで焦った。コリトリってどこにあったんだ!って頭に一杯クエスチョンが広がっていた矢先、左コーナーイン側にお尻をこちらに向けたカモシカが立っていた。真正面であれば相手が先に動いてくれる可能性もあるし、行動もなんとなく読める。しかし…

四国一周 2周目 ステージ5 四万十~徳島 国道439号編 ③本山~見ノ越(剣山)

郷の峰峠を越えると心地よいダウンヒルが待っている。早明浦、本山、そして大豊へと抜けていくこのルートは国道194号と接続し愛媛県からの流通を作り出している道路なのだろう。この区間だけが国道439号の中で開けたイメージが強い。しかしこのダウンヒル区…

四国一周 2周目 ステージ5 四万十~徳島 国道439号編 ②大正~本山

酷道と呼ばれるような車の離合すらままならない道が、昔は利便性を求めて幅員拡張して峠はトンネルを開通させ、今ではすっかり見える景色すら変わってしまった。便利・快適を手に入れ、そして今なぜか国道は人々を魅了している。そんな時代の進む方向と反対…

四国一周 2周目 ステージ5 四万十~徳島 国道439号編 ①四万十~大正

それは必然、もしかするとオレがサドルへと跨った時、ここに来ることは決まっていたのかもしれない。 そんなアホな?みたいなストーリーに入っていったのは、国道439号を端から端まで走りたい、それも可能な限り旧道で、って考えて、そしてそれを今回実行へ…

6回目のチャレンジ、SR600京都

近江八幡400を完走後、中一日でSR600京都へ。昨年から通算6回目のチャレンジ。SR600は直前で悪天候等で日程変更することが出来るが、オレはしない。決めたら基本その日にチャレンジする。そのため何度か失敗もしているが、まぁそれも運のような、実力のよう…