メインはシクロクロス世界選手権の監督をするということを言いたいのですが

先日SNSで、キラキラネームで大人になってからいろいろと困り、名前を変更して・・・って言うのを見たのだけど。
オレも実は危うくキラキラネームにされかけて・・・いや、正確にはキラキラしてないな。

オレが男の子だと分かった途端、オヤジの方の祖父が
「俺が名前を決めてやる!名前は、大吉だ!」と。
これにはさすがに両親がビビり、大急ぎで代替えネームを検討。画数だなんだと調べて「雅彦」に決まったらしい。

続きを読む

2連勝 関西シクロクロス 第7戦 堺 

約20年前、50歳になったときの目標?夢?として、考えていたこと。
仕事をしない。携帯を持たない。パソコンを持たない・・・
携帯に振り回されないように生きていきたい。
人は仕事をするために生きているのではない。
それを声高らかに言うためには、まず50歳で携帯をなくそう。

そして50歳になった今。
土曜日の朝9時50分。携帯ショップ開店10分前に、壊れた携帯を片手に機種変更か修理するのか決め兼ねているオレがそこにいた・・・完全に携帯に束縛されているじゃないか・・・
関西シクロクロススクールin堺の4時間半前の出来事。


そんなグダグダなオープニングの週末、大丈夫かオレ?という不安な気持ちでスタートした。

土曜日のスクール時は晴天。冬とは思えない天気だったが、逆に言うとスクールの内容すべてが当日に使えるわけじゃない。
スクールの中では天候は崩れる、走るラインがわかるといいうことをレクチャーした。
何人かの受講者はレースでいい結果を残せたようなので一安心だった。


当日の朝は雨からスタート。
ウォームアップライドをしないので朝は少し遅らせて会場入り。
本当はレースの2時間前入りでもよかったのだが、今回は世界選手権日本代表壮行会ということで11時からセレモニー。監督の私が代表して登壇して、主催者からカンパ金をいただいた。

試走をしていると、正直難しいと感じた。
コースが難しいのではない。むしろコースは単調だと感じたし、トップスピード・高出力の出るところがない(と感じられた)。
ゲームを後半まで楽しめる、となるのか、はたまたただストレスと戦うことになるのか・・・

続きを読む

関西シクロクロス 向山、まさか?の優勝 

脚が攣った?
忘れろ!手で漕げ!!
そんなことをアマチュア時代の92年、オランダで所属していたチームの監督に怒鳴られた経験がある。

クラシックレースで、え?もしやオレすごいことしてない??
と、当時オランダのアマチュアトップライダーたちと先頭グループを形成。ラスト40kmで逃げを打ち・・・おいおい、すげぇメンバーやん!と思っていたら、残り10㎞ほどで両脚が攣って脱落。
すぐにチームカーが横にへばりつき監督が身を乗り出して前出のように怒鳴りだした。
それからいつも思う。
そう、脚が動かなかったら使えるものを使え、と。

続きを読む

BRM112近畿600和歌山 目標36時間 計画通りに進めるのもブルべの魅力か

パリ~ブレスト~パリ(以下PBP)に行きたければ、SRをクリアしなければいけない。

今年もっとも優先するのはPBPだ。
先日は300kmを完走。残るは200/300/600
スケジュールを見ていると600kmだけがなぜかセッティングできない。
本当だったら東海シクロクロス愛知牧場連戦の予定だったが、このタイミングで600kmが和歌山で開催される。仕方がない今年はまずはPBPだ。

 

BRM112近畿600和歌山は和歌山のマリーナシティをスタートし紀の川を登って行って高見トンネルを超えて伊勢へ。鳥羽から五ケ所湾、そこから紀伊半島をトレースしていくコースだ。
今回の目標は・・・ずばり36時間。
と言うのも415㎞の那智勝浦にホテルを予約している。
チェックインは0時までと聞いているので23時半には那智勝浦に入りたい。
そして朝食無料サービス7時からとのことなので、これはぜひ利用してからスタートしたい。
8時に再スタートをしたとして16時半にゴールでトータル36時間。
まずは那智勝浦のホテルまでがミッション1だ。

続きを読む

ブルべのルート暗記なう

いよいよ明後日早朝から600kmブルべ。

最近はポラールV650にGPXデータをダウンロードして、走行ルートを確認していますが、それでも基本的には走る前に暗記。

 

基本はるーとらぼなどのマップデータで、目で追いかけて「形」で覚えます。

独り言のように曲がる県道番号や地名をつぶやき、「口」で覚えます。

それをするためには、普段から地図をみて、そして走った経験で全体図を覚えているということもありますが。

続きを読む

関西シクロクロス 希望が丘に希望はあるのか?オレは問いたい

今年最初のシクロクロスは、関西シクロクロス・希望が丘。
このレースは毎年?1月第1週に固定されているのかな、天気は毎年不安定。
希望が丘よりも数㎞南下するだけで、あれ?晴れやん!ってことは滋賀県アルアル。
現に昨日もレース後に草津市まで南下すると道路はドライだった。
                 
そんな希望が丘、過去には雪解け水の泥で寒かったり、圧雪でツルツルだったり、まぁいろいろと伝説も残っている。


今回はきっとスタート前にある程度結論は見えていたのかもしれない。
それはまるで水戸黄門。どんなに悪代官の一味に捕まって斬り殺されようと、由美かおるがエロ代官一味に拉致されようと、8時45分を過ぎると必ず印籠が飛び出し、まるで先週の再放送のような安定の決まりパターンで終わる。
水戸黄門のエンディングテーマや放送終了後のCMが記憶に残っていないのと一緒、すべてはオープニングテーマが流れたところで結論は決まっている。

続きを読む

BRM104近畿300枚方 今年最初のブルべ、決して簡単ではなかったです

今年最初のブルべ、オダックス近畿主催の「BRM104近畿300枚方」、無事にゴールしました。
309㎞で14時間50分。思いのほか時間を要しました。


明石港から淡路島へ船で渡り、一周して戻ってくるコース。
船は基本40分間隔。最大で1時間20分ロスする可能性があるから他のところ、すなわち淡路島でどれだけタイムを稼げるのかがポイントになるのだけど。そして有馬温泉への峠が往路復路ともにある。ここでどれだけロスしないか・・・と言うのが走る前の考えだったけれど、走った結果はそこじゃなかった。

続きを読む